本で人は幸せになれるか

本を読むことで人は幸せになれるのか。本の中から人生をどのように生きていくかを学びます。

芸術は爆発だ!アドラー心理学と岡本太郎②

 

f:id:ohashikun:20170211160104j:plain

 

 絶望の中に生きることこそが、

おもしろい。

そう思って生きる以外にない、

それが本当の生きがいなんだ。

 

岡本太郎『殻をやぶる言葉』より

 

 

 

えー、やだー。

 

 

(心の声)自分だけ幸せになりたい…

 

 

 

「そう思って生きる以外にない」という断言がとても強く感じられます。

絶望はどこにでも転がっています。

 

 

 「母屋でおかゆをすすっているときに、離れですき焼きを食べている」

 

 

 と財務大臣 塩川 正十郎が、かつて名言を残しました。 これは、一般会計が赤字を削っているのに特別会計で浪費していることを揶揄した表現でした。

 

 

…いまなんとなく思い出しました。関係ないですね。

 

 

自分の家がすき焼きでHAPPYでも、隣の家でおかゆをすすって絶望を感じていたら、それは本当の幸せではないのです。

 

 

自分だけ良ければいいという考えが案外「自己啓発本」の根本にあるのではと感じています。「自己啓発に励み、他人より優位に立てるスキルを身につけろ」というわけです。その先に「幸せ」があると。

 

 

アドラー心理学では、「人は共同体の中で、自分の存在価値を感じ続ける為に生きている」と説きます。

 

 

アドラー心理学における幸せとは、周囲を幸せにすることを通じて、「自分を成長させつづけていく」こと。

 

 

僕は「幸福反対論者」だ。幸福というのは、自分につらいことや心配なことが何もなくて、ぬくぬくと、安全な状態をいうんだ。ニブイ人間だけが「しあわせ」なんだ。僕は幸福という言葉は大嫌いだ。僕はその代わりに、「歓喜」という言葉を使う。危険なこと、つらいこと、つまり死と対決するとき、人間は燃え上がる。それは生きがいであり、そのとき湧き起こるのが幸せではなくて「歓喜」なんだ。 岡本太郎

 

 

戦時中の苦しい軍隊生活や、戦後の遅れた美術界の「絶望」の中で、岡本太郎は自分を強く押し出すことによって「活力」を湧きあがらせました。彼は本を読む限り、周りの人達との関係性をおろそかにする人間ではありません。平気で他の人たちとぶつかり合い、そこに生まれる本当の調和を大切にした人でした。

 

 

岡本太郎は「自分を成長~」とは言わないでしょう。おそらく「シアワセなんて蹴とばして、その瞬間に爆発しろ!」ですね。

 

 

 

結局、なにが言いたいのかよくわかりませんが、自己啓発本の「自分さえよければ…」と感じられる考えに少し嫌気が差したのかもしれません。

 

 

アドラー心理学第一次世界大戦に従軍したアドラーによって、岡本太郎の思想も第二次世界大戦を生き抜いて出来たもの。生きる意味に関して平和な現代を生きる我々のそれとは重みが違います。

 

 

 

私も絶望の中であがいてみようと思います。

 

アドラー心理学 「嫌われる勇気」とは何ぞや

 

f:id:ohashikun:20170212225313j:plain

 

大コケ中の香里奈『嫌われる勇気』に「日本アドラー心理学会」が猛抗議! 問われるフジテレビの対応 

 

2017年2月10日 17時0分 日刊サイゾー 

 

 心理学者のアルフレッド・アドラーの教えを解説したベストセラー『嫌われる勇気』(岸見一郎・古賀史健の共著/ダイヤモンド社)を原案とした同名ドラマを放送中のフジテレビに対し、「日本アドラー心理学会」が抗議文を送ったと公式サイトで発表した。
 同学会は、アドラー心理学の研究と啓発を目的に1984年に設立され、会員は全国に約1,000名。抗議文によれば、同ドラマはアドラー心理学の一般的な理解とは「かなり異なっている」といい、「テレビのような公共的な場で、あたかもそれがアドラー心理学そのものであるかのように普及宣伝されるのは、日本のアドラー心理学の啓発・普及に対して大きな妨げになる」としている。(ライブドアニュースより)

 

 

 

私はフジテレビの「嫌われる勇気」を1度しか観ていないのでなんとも言えませんが、ただ本の中にある哲学者の言葉「明確に否定します」をただ決め台詞に使っているだけの、自分勝手に生きている女性を「嫌われる勇気」を持っている=アドラー心理学の修得者みたいな表現にとても驚きました。

 

「嫌われる勇気」の本の内容はとても穏やかで、それでいて目が覚めるように厳しく、人間愛に向き合っている作品でとても影響を受けました。

 

 

私も全面的にアドラー心理学万歳!というわけではありません。

気になる点もあります。

 

 

たとえば、「人間の悩みはすべて人間関係にある」という言葉。「すべて」とは言いすぎなのではないかと思います。

 

例えば所有欲。私は玩具が大好きで集めたりしているのですが、外向きに「〇〇もってるんだよ!」と自慢したいとは人間関係に関わってくると思うのですが、1人で引き出しを開けて「うししっ」と満足することもあるわけです。(私の場合は軍艦の玩具。佃煮にできるほどあります。)

 

軍艦の玩具を購入する場合、「お金もないしな~、場所も無くなってきたな」という悩みは人間関係かといったらそうではないような…

 

もちろん、玩具を作っているのは他の人なので、人と関わる悩みと言ったらその通りなのだと思いますが、少しひっかかる部分ではあります。(詳しい方教えてください)

 

 

ともあれ、アドラー心理学の「課題の分離」「原因論ではなく目的論」の考えなどはすぐに社会生活で実践することが出来、とても有効であると思っています。

 

 

アドラーも愛を説いてはいますが、奥さんと15年別居していたといいます。

「嫌われる勇気」の岸見一郎も家族のことで悩んでいたとのことです。

 

 

私は

 

テクニックではなく、その人の人格が一番大切だと思っています。

 

問題の解決は一朝一夕にはいかないこと、アドラー心理学を修めているということ「だけ」では問題解決は難しいということが、「嫌われる勇気」のドラマを観て一番感じたことなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

芸術は爆発だ!アドラー心理学と岡本太郎①

f:id:ohashikun:20170211142507j:plain

 芸術は爆発だ

 

岡本太郎大好きです。

岡本 太郎(おかもと たろう、1911年(明治44年)2月26日 - 1996年(平成8年)1月7日)は、日本の芸術家。血液型はO型。 1930年(昭和5年)から1940年(昭和15年)までフランスで過ごす。抽象美術運動やシュルレアリスム運動とも交流(ただし合流はしていない)した。第二次世界大戦後、日本で積極的に絵画・立体作品を制作するかたわら、縄文土器論や沖縄文化論を発表するなど文筆活動も行い、雑誌やテレビなどのメディアにも1950年代から積極的に出演した。(Wikipediaより)

 

今回は、岡本太郎の言葉とアドラー心理学の類似点を通じて、強く生きるヒントを探っていこうと思います。

 

岡本太郎

自分を実際そうである以上に見たがったり、また見せようとしたり、あるいは逆に、実力以下に感じて卑屈になってみたり、また自己防衛本能から安全なカラの中にはいって身をまもるために、わざと自分を低く見せようとすること、そこから堕落していくんだよ。

 

アドラー心理学

強がりはコンプレックスの裏返し。

「強く見せる」努力はやめて、

「強くなる」努力をすることだ。

 

テレビなどで成功している人を見ると、「同年代でこんなに成功しているとは。それに比べて自分は…」と思ったり、身近にいる出世していく人がいるとやっかんでみたりとアドラー心理学を勉強していても、私は理想にほど遠い状態です。

 

特に、コンプレックスを抱いている人に少し偉そうにものを言われると「うっ」と言葉に詰まることがあります。

 

どんなに理論武装をしても、心は正直です。すぐに反応してしまいます。

 

 

 

アドラーは、劣等感を言い訳にして、人生の課題から逃げていると説きます。

 

すべて、ただ弱い自分を認めたくない、傷つきたくないからという「言い訳」なのですね。

 

 

岡本太郎はふつうの常識人だったと、本人に会ったことがある美輪明宏NHKの番組で話していました。

 

両腕を広げて「芸術は爆発だ!」と言っているイメージ、なにも怖くないようにみえた岡本太郎もふつうの人間。

 

自分の良いところも悪いところもすべて受け入れた状態で、過去を無視して、未来を無視して、現在の瞬間瞬間に爆発して生きたからこそ、いまもその生き方が輝いてみえるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

引き寄せの法則 実践編① 車を引き寄せるために試乗に行く。

f:id:ohashikun:20170211125805j:plain

トヨタ86に試乗してきました。

 

引き寄せの法則 実践編です。

 

引き寄せの法則にはイメージが必要とのこと。

 

試乗してきました。トヨタ86。

 

 

 

試乗車が出払っているとのことで、待つこと20分、

やってきました真っ赤な86。

 

か、カッコいい…

 

ドアの開閉の重厚感、しっかりと体をホールドするシート、

すべてがカッコよすぎます。

 

 

当然のようにマニュアル車でした。

私の免許はMT仕様。最初に乗った車もマニュアル。今でもMT仕様の軽トラを乗り回しています。よゆー、よゆー。

 

右から、アクセル、ブレーキ、クラッチ

 

あれ、クラッチの踏み込みが深いぞ…まあ、大丈夫か…

恐る恐るクラッチを繋ぐ…繋がらない!!

 

販売店から出したところで、

 

「あのー、動かせなくなってしまったんですけど…」

 

 

 

 

 

終了!!

 

 

 

 

移動距離 ディーラーから2メートル

 

 

 

 

うっかり死ぬところでした。

 

死因→試乗

 

というあまり聞かない理由で。

 

 

オートマの86もあるということでしたが、今は試乗車のウインドガラスが入っていないとのことで、乗れませんでした。

 

マニュアルの86は今まで乗った車とはまったくの別な乗り物でした。

 

 

涙目で帰ってきました。

 

 

引き寄せるつもりが、なぜか遠ざかっていった感ありです。

 

 

1時間かけてディーラーへ→車をエンストさせる→1時間かけて帰ってくる。

 

 

素敵な休日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大泉洋エッセイ 僕が綴った16年

f:id:ohashikun:20170210230240j:plain

本で人は幸せになれるか。

 

どうでしょう。

 

本のことを書いているブログですが、難しい本の話題が出てきません。

 

私に読解力が足りないことに由来します。

 

 

夏目漱石「坊ちゃん」を読んでも

「松山までいって先生を殴ってくる話」

 

ドフトエフスキー「罪と罰」を読んでも

ニートがずっとグチグチをなにか言っている話」

 

ぐらいにしか感想が出てきません。

 

 

さておき

 

今回はエッセイ

大泉洋 「大泉エッセイ 僕が綴った16年」

 

 

大泉洋さん、私が大好きな俳優さんです。

大泉 洋(おおいずみ よう、1973年4月3日 - )は、日本の俳優、タレント、コメディアン、声優。CREATIVE OFFICE CUE(業務提携先はアミューズ)、演劇ユニットTEAM NACS、及び劇団イナダ組所属。身長178cm。北海学園大学経済学部卒業。北海道江別市大麻[1]出身(Wikipediaより)

最近では大河ドラマ真田丸」にも真田信之の役でも出演していました。

 

ビレッジバンガードで見かけてからずっと読みたいと思っていたので、

やっと夢が叶いました。

 

内容は大泉さんの私生活から、大学時代のこと、俳優としての自分、「水曜どうでしょう」のこぼれ話など、笑いあり、涙あり。

 

涙の部分は本気で泣かせに来ます。

 

読み進めていくうちに文章が上手くなっていくことにも注目です。

 

誰しも男なら(?)ビックになりたいと思うものですが、ビックになったらそれはそれで大変だという話。

 

有名になってしまったので、もうカブで日本を走り回るのも難しいでしょうし。「自分のダメな所」をネタにできないことも(成功してしまっているし)面白い話をするには、足かせになりそうです。

 

ともあれ、周りの人たちや、演劇、仕事に対しての大泉さんの誠実さが感じられる、読後さわやかな一冊です。

 

燻製の本で幸せ

f:id:ohashikun:20170209221240j:plain

燻せば幸せな暮らしが待っている。

 

・監修:燻製道士 「燻製の基本」

 

40歳に近くなると男はそば打ちか燻製の道に進むといいます。

 

幸か不幸かそば打ちの道には進みませんでしたが、

燻製の道にはどっぷりとはまってしまいました。

 

 

楽しいです。燻製。

 

 

特に燻製卵!燻製卵で作ったポテトサラダのおいしいこと!

 

 

まだ、経験が浅い私より燻製の注意事項。

 

①燻製する前にしっかりと干しましょう。

 →私はとてもせっかちで、長く干すことができません。素材に水分が多く残っている  と、水分が下に落ち、酢のような味わいの悲しい物体が出来上がります。

 

②水分が多いものと一緒に燻製してはいけません。

 →私はタコとナッツをめんどくさくなり一緒に燻製してしまいました。ナッツが千葉県名物茹で落花生のようになり、悲しい物体が出来上がりました。

 

 

燻製の本が一冊あると、気分的にも燻製マスターになったような気分になり、おしゃれな気分を醸し出します。

 

 

しかしながら、この「燻製の基本」、「燻製」以外の情報に弱く、

燻製卵を作るにしても、

 

 

用意するもの 煮卵適量

 

 

煮卵の作り方をまず知りません。

 

 

結局、ネットで調べることになります。

 

「煮卵って煮ないんだ」とこのときはじめて知りました。

 

 

私流 煮卵の作りかた

 

卵を沸騰した鍋で7分ゆでる。用意した氷水に入れ冷やしてから殻をむく。

ビニール袋に卵1つにつき、醤油10CC 、みりん10cc、砂糖1グラムを入れ、ゆで卵を投入。口を縛り、1日置く。

 

→このままでもおいしい。ラーメンにのせよう。

 

 

 

「できるリーダー」は、なにをしているか? アメリカ海軍に学ぶ「最強のチーム」の作り方。

 

f:id:ohashikun:20170209001944j:plain

総兵力、150万人。

戦車8000両、軍用機4700機、空母11隻、原子力空母11隻、原子力潜水艦71隻。

 

世界中の軍隊が束になってもかなわない。最強の軍隊から幸せになる方法を学びましょう。

 

 

・マイケル・アブラショフ アメリカ海軍に学ぶ「最強のチーム」のつくり方

 

 

「できるリーダー」は、なにをしているか?-その具体的な思考を明らかにする。

 

部下を迷わせない、確たる「一貫性」/「やる気」を巧みに引き出す法/明確な「使命」を共有せよ/チームで「負け組」を出さない/なぜ「この結果か」を考える/「いつものやり方」を捨てろ/あなたはまだ、部下をほめ足りない!/「頭を使って遊べる」人材を育てよ…

 

こういったビジネス本、大好きです。「ある弱いチームが、リーダーが変わったことで息を吹き返し、やがて…」

 

読んだ後にスッキリとした気持ちになります。

 

 

私は、彼らが艦を離れていく第一の理由は、給料が安いせいだろうと思っていたのだが、驚いたことに、実際にはそれは五番目の理由だった。

 

第一の理由は「上司から大切に扱ってもらえないこと」だったのである。

第二は「積極的な行動を抑え込まれること」。

第三は「意見に耳を貸してもらえないこと」。

第四は「責任範囲を拡大してもらえないこと」であった。

 

 

アメリカの自閉症教育の最先端の学校で、教師のレベルの高さを誇っているが、それは教師にとってお金や、生徒に教えることが好子(ご褒美)になっているのではなく、行動を支えているものは100%、スーパーバイザー(監督、管理、監修を担当する人物)からの注目だとのこと。(舞田竜宣、杉山尚子 「行動分析マネジメント」より要約)

 

上司からの注目や承認が、どれほど組織の生産性をあげるかということは行動分析学の立場からも確認されています。

 

 

「働く人の心を理解し、尊重し、彼らとの絶対の信頼感を構成したこと」がこの本の根幹です。

 

 

ただ、

この本の内容をそのまま使ったら大やけどをすると思います。

 

結局、何を言ったかより、誰が言ったかの方が社会では大きな問題なのです。

 

 

人の襟首をつかんで、「俺を信頼しろ!尊重しろ!」というのは無理ですよね。あくまでも謙虚にいきたいものです。

 

「お前にだけは言われたくないよ」と思われたら、どんなに良い考えも無に帰します。

 

 

しかしながら

 

リーダーが、人を動かすこの知識、私はいつ活かすのでしょうか。

 

今現在、そっちの方がとっても重要。