本で人は幸せになれるか

本を読むことで人は幸せになれるのか。本の中から人生をどのように生きていくかを学びます。

本でお金の問題は解消するのか?お金の話。

f:id:ohashikun:20170304102220j:plain

本でお金の悩みは解消するのでしょうか?

 

後輩から「このままの収入で大丈夫なのでしょうか?」と質問を受けてから、自分なりに本を読み、考えてみました。

 

いまの収入で余裕もあまりないのに、老後とかあるのかしら。

 

テレビでも、本でも年金破たん、老後の問題、若者の○○離れで物が売れなくて…等煽りますよね。それは不安にもなりますよ。

 

自己啓発」で一人だけで大金持ちになったとしても、社会全体が沈んでしまっていたらまったく意味はありません。サービスは低下するし、治安は悪化している。そんな世界でお金だけ抱えて生きるのは楽しくないはずです。

 

少ししかかじっていませんが、現時点での結論としては

 

  • 今、楽しいことをした方がいい。
  • 安いものより、欲しいものを買った方がいい。
  • お金を貯めるより、人間関係に使った方がいい。
  • 自分自身に投資した方が、見返りは大きい。
  • 我々に老後はない。働き続ける。そのために健康でなくてはならない。
  • 社会保障はあるので、なんとかなる。

 

といったところでしょうか。投資とかはよくわかりませんでした。

 

 

アドラー心理学にも通じる「大切なのは今、ここ!」ということでしょうか。未来と言ってもこの瞬間の連続体でしかありません。この瞬間を精一杯生きること、共同体のために力を尽くすこと。結果は…まあ、なんとかついてくるということで。

 

 

参考文献

・年収300万~700万 普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話 佐藤治彦

・マンガでわかる!お金の基本 人生を変える8つの授業 出口治明