読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本で人は幸せになれるか

本を読むことで人は幸せになれるのか。本の中から人生をどのように生きていくかを学びます。

引き寄せの法則 借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口癖

 

f:id:ohashikun:20170216221205j:plain

引き寄せの法則の本を読むと、考えは書かれていても、実際の行動としてなにをしたら良いのかわからないことがありました。

 

この本は引き寄せの法則の実践編と言えるでしょう。

 

 

小池浩 借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口癖

 

 

【内容情報】(出版社より)
「口ぐせ」ひとつで人生はどうにでも変えられる。その理由はごくごくシンプルな宇宙のしくみにある。宇宙とは「言葉を増幅する」場所。あなたが発した言葉をただただ増幅し、あなたが思い描いた通りの現実を見せる。そこに善悪の判断も、解釈もない。ただあなたが発する言葉通りの現実をもたらす。そう、宇宙って、そんなとことん「ドS」な場所。著者コイケ氏は、借金2000万円を抱え、人生のどん底にいたときに、宇宙からの声を聞くようになり、そのスパルタな導きで借金完済、その後も年収は増え続け、家族にも恵まれ、人生大逆転を果たした。この本では、著者・小池氏が聞こえた声をそのままに、そして、脳内イメージを楽しいイラストで表現。絵と言葉で、「ドSな宇宙さん」の言葉が体にしみこむようにできている。言葉を使うのは、魔法を使うのとおなじこと。願望をかなえたいなら、幸せになりたいなら、まずは言葉に出しなさい。使う言葉を変えなさい。それはどんなことよりまっさきにできる「行動」だから

 

 

結論から言うととても面白かったです。

 

 

宇宙が起こす奇跡に定員はない。

 

という言葉は

 

「小さな蟻一匹が胸から血を流して倒れる時、世界が滅びさる」

 

という岡本太郎の言葉に通じるものがあります。

 

 

私もずっと思っていましたが、「私」が死ぬときには一緒に「私の世界」も滅んでしまうのです。もっと自由に考えていいはずです。

 

もちろん、だからといって自分勝手に生きた方がいいという訳ではありません。あくまでも共同体に迷惑をかけないことが前提です。

 

 

「ありがとう」ということの大切さも共感しました。

 

「すみません。」は駄目だ、「SAY THANK YOU」。 白洲次郎

 

私も実生活でもこの言葉を知ってから実践しているのですが、なかなか難しい。「すいません」と言ってしまうのです。言われた方もすいませんとへりくだった感じにされるより、ありがとうと言われたほうが気分がいいですよね。

 

 

 

しかしながら、「引き寄せの法則」自体が「宇宙に~」となにやら胡散臭い感じに仕上がっているのに、なぜまたスピリチュアルをかぶせてくるのでしょうか。パワーストーンとか別に知りたくありません。

 

 

引き寄せの法則はとてもいいことを言っているのに、着地点が新興宗教のようになってしまい、私は少し違和感を感じています。

 

 

あくまでも強く生きていくための思想を知りたいのであって、「石の力」に頼りたいわけではないのです。

 

 

基本的に私は「超ネガティブ」なので、読書は本を使って性格の矯正をしている面もあります。この本は矯正するのにうってつけでした。何をするのかが明確に示されており、行動の裏付けも納得できるものでした。