本で人は幸せになれるか

本を読むことで人は幸せになれるのか。本の中から人生をどのように生きていくかを学びます。

アドラー心理学と松岡修造

f:id:ohashikun:20170206234640j:plain

松岡 修造(まつおか しゅうぞう、1967年11月6日 - )は、東京都出身の日本の元男子プロテニス選手、現日本テニス協会理事強化本部副部長[1]兼スポーツ解説者。身長188cm、体重85kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ATP自己最高ランキングはシングルス46位、ダブルス95位。ATPツアーでシングルス1勝(日本人男子初のATPツアーシングルス優勝)、ダブルス1勝を挙げた。
日本人男子として62年振りにグランドスラムベスト8に進出した人物である。また現在、ウィンブルドン選手権では日本人男子最後のベスト8進出者となっている。また、ウィンブルドン選手権での通算7勝は2015年に錦織圭に抜かれるまで日本人最多の記録であった。
現役引退後はジュニア選手の指導やテニス大会の運営、日本テニス協会の理事を務めるなど引き続きテニスに携わりつつ、スポーツキャスター、タレント、日本オリンピック委員会スポーツ環境専門委員、ミズノスポーツ振興財団顧問[2]などとしても活動している。(Wikipediaより)

 

松岡修造の熱いカレンダー、

 

アドラー心理学に通じるものがあるのではと思っていました。

 

改めて確認すると、

 

松岡修造の

 

後ろをみるな!前も見るな!今を見ろ!

 

というメッセージは

 

アドラー

 

大切なのは「いま、ここ」だ。

 

と同じ意味ですよね。

 

大切なのはこの瞬間

 

わかってはいますが、この時間が未来にとってどんな意味があるのかと

考えてしまう弱い自分がいるのです。

 

まだまだ、道半ばです。