本で人は幸せになれるか

本を読むことで人は幸せになれるのか。本の中から人生をどのように生きていくかを学びます。

こころの栄養。ストロークについて

f:id:ohashikun:20170724231958j:plain

 

 

交流分析(TA)について研修を行う機会があって購入しました。

 

入門TA 浅井千穂・坂田芳美 編著 TA教育研究会

 

専門用語が連続して出てくる(よくわからない)本の中で、今回は「ストローク」について考えたいと思います。

 

ストロークはもともと「なでる」とか「さする」という身体的接触(刺激)を意味する言葉ですが、TAでは人の発達に伴って生じる、言語的・非言語的なものも含めた現在の認知を示す行動をストロークと呼んでいます。

体が成長する上で、また調子を整える上で、タンパク質やビタミンなどが必要であるように、心にも栄養が必要です。

心の栄養、それがストロークです。(P24)

 

いまいち伝わってきません。

 

ストロークは『心の栄養』と言われています。たとえるなら食事や水と同じ。飲まず食わずで生きられないのと同じで心の栄養がないと人は生きていけないのです。すなわち人は『ストロークを得ること』こそが最大の目的なのです。(中略)もちろんプラスのストロークに越したことはありません。しかしそれが得られないとき人はマイナスのストロークでもいいので得ようとするのです。食事で想像してください。二つとも食べられるならもちろん誰だってご馳走を食べます。しかし遭難などでなにも食べられない状態ならどんなにマズくてイヤな食事であっても口に入れたいと思うのではないでしょうか。人にとって『孤独』や『無視をされる』ことほどつらいことはありません。たとえマイナスのストロークでも『何もない』よりずっとマシなのです。(マンガで分かる診療内科4 P10~P11)

 

「マンガで分かる診療内科」は図解してあり、ギャグも交えてわかりやすく、面白いです。

 

 

交流分析では、「過去と人は変えられない」ということが考えの中心になっているということです。まさにアドラー心理学ととてもよく似ているのですが、アドラー心理学よりガチガチに(?)目的が固まっているわけではないようです。

 

 

ストロークの概念も、行動分析学の行動を強化する「強化子」にとても似ており、ストロークの操作で(良い行動をしたら質の良いストロークを与えて行動を強化する、良くない行動をしたら質の悪いストロークにして行動を弱化させる等)他の人を「意のままに」動かすことも可能のような気もしますが、交流分析ではあくまでも「過去と人は変えられない」という立場に立ち、アドバイスはするが、行動自体はその対象の人に任せるという考えです。相手は変わらない、だから自分が変われと。

 

 

アドラー心理学の時も思いましたが、困っているのはあくまでも「自分」であり、その自分が「変わらなければ」ならないというのはなにか損しているような気がするのは、まだまだ学習が足りないのだということでしょう。

 

 

アドラーが言う「課題の分離」が出来ていないということです。

 

 

行動分析学アドラー心理学交流分析と身近に3つの心理学がありますが、どの考えが人を救うことができるのかとても気になります。うんちくはいくらでも言えますが、実生活で役立たないのではまったく意味がありません。

 

 

心理学など知らない人が(自分もそうですが)「使用」してもっともしっくりくるものはどの考えなのでしょうか。興味は尽きません。

 

 

 

 

 

 

死ぬくらいなら会社やめればいいんじゃないかしら

 

f:id:ohashikun:20170704231337j:plain

 

って思っていました。この本を読むまでは。

 

 

死ぬくらいなら会社やめればが出来ない理由(ワケ)  汐街コナ

 

 

「うつ」の人が相談にくる職場環境になったので、理解するために購入しました。

 

 

わたし、社会に出て17年目に突入しました。辛いことややるせないこともそれは多々ありましたが、おかげ様でうつにならずにいます。

 

 

ただ、それほど一生懸命に仕事しないし、それほど責任ある仕事には就いていないということもありますが…

 

 

むつかしい仕事からは意図的に逃げている、自分のやりたいことしかやらない、めんどくさいことは人に頼る。

 

 

社会人失格です。

 

 

以前の職場の周りには病んで仕事を辞めていく人もいました。

 

 

「働くってなんなんですか?」

 

 

という問いかけにわたしは「はた(周り)が楽になるからはたらくのだと思うよ」と間抜けなことしか答えられませんでした。そして今でも答えが出ていません。

 

 

最近、大変な仕事でも「やらされてやる」ということと「自ら進んで(選んで)やる」ということには大きな違いがあるということを学びました。

 

 

「ふつう」の仕事をしていてもストレスを貯める人もいるし(それは往々にして人間関係なのですが)、長時間働いていても活き活きしている人もいる。それはやはり、「自分から進んで仕事をしている」ということに尽きると思います。

 

 

 

最近、経営に携わることが多くなり、コンサルタントの真似事のようなことをしています。会社の収入と支出を計算したり、事業を勧めたり…

 

 

その中でつくづく感じるのは、悪くいってしまえば、

 

 

「労働者はしょせん組織の駒にすぎないのだ」

 

 

ということです。(むろん私もその駒の一つです)

 

 

だからこそ、組織は労働者を大切にしなければならない、自分から進んで仕事ができる職場であるという「物語」を与えていかなければならない義務があるのです。

 

そこらへんが今上手くいっていないような気がします。「上の人」と「下の人」の信頼関係が薄いというか…

 

行き過ぎると某飲み屋さんみたいなことになってしまうのですが。

 

 

 

人に言われたままに真面目に働き、心、体を壊してしまうのは

 

 

本当のばからしいです。

 

 

忙しい人は「忙しく働ける自分、それに耐えられる自分、必要とされている自分」に酔い、上手くいく人はいいが、そのレールに乗らない人は使われて壊れてしまうだけです。

 

 

自分が壊れる前に逃げてしまおう!

人生を楽しく生きよう!

 

 

しょせんは仕事です。

 

 

最終的には自分の仕事を壊してしまえ!Googleから学ぶ働き方について

 

f:id:ohashikun:20170704223958j:plain

 

なにげにテレビを見ていたら「うちの夫は仕事ができない」というタイトルのドラマがあるとのこと。

 

 

 

「えっ、俺のことじゃん」

 

 

 

悲しくなるので生々しい煽りはやめてください。泣いてしまいそうです。

 

 

 

世界一早く結果を出す人は、なぜメールを使わないのか  ピョートル・フェリークス・グジバチ 

 

 

 

仕事はできないのに仕事のやり方に関しての本は大好きです。

 

 

この4月から16年社会に出てきて初めて自分で仕事を組み立てなければならないことになり、勉強しようと思い購入しました。

 

 

まとめると

①無駄なコミュニケーションはやめて、持ち帰って検討することはやめよう。

②メールで仕事をするのをやめて、リアルタイムで働こう。

③論理や分析よりもひらめきが重要。

④自分の仕事を壊して、新しい仕事を生み出すことが重要。

 

 

①②前々から携帯電話の着信は相手の時間を奪うなあと思っていましたが、電話を多用する仕事に就くとさらに実感するようになりました。それでメールを使うようになるのですが、タイムラグがあったり、意図したことが伝わらなかったりともやもやすることも多々あります。伝わらなかったら「無駄」になります。チャットはあまり現実的ではありませんが、会って話すことはとても有効だと仕事をやっていて思います。

 

ただ、会って話すには移動時間がもったいないというのはあります。(現状、移動⇒会話⇒移動で2時間ぐらいは飛ぶので)

 

 

③論理や分析、大好きですよ。本の中でプレゼン形式を否定していますが、プレゼンの成功がイコール優秀な職員だと思っていました。確かに現代の変化する社会には追い付かない考えかもしれません。

 

④これが難しい。現在の地位や立場を守りたいです。安定したい。

しかし、人口知能の発達により半分の仕事が無くなってしまうとの話なので、変化に対応できるように生きていかなければなりません。

 

 

僕が言いたいのは、自分が今当たり前だと思っている世界は、全然当たり前ではないということです。家族が離れ離れになってしまうかもしれないし、会社がずぅと安泰とは限らないし、国や地域社会が崩壊してしまうことだってあるのです。

(中略)

変化することにはリスクが伴います。でも、変わらないこともリスクなのです。今の環境が永遠に続くというのは幻想でしかありません。

だからこそ、みなさん自身が変わる準備をしておく必要があるのです。(P253)

 

 

 

「安定」や「成長」、「仕事ができる自分」をイメージしてこの本を買いましたが、結論は

 

 

 

「いつまでもこの生活は続かないよ。自分の仕事をなくすように仕事をしなさい」 

 

 

激動の時代を生きた筆者の言葉が重いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗を糧に。失敗はごほうび?!

 

 

f:id:ohashikun:20170702221417j:plain

 

またまた、失敗しました。

 

 

偉い人も集まる会議で平成28年度と出した資料が本当は平成27年度のものだった…

 

 

 

だれも突っ込みを入れなかったからセーフ…か?後で苦情が来たらどう対応しよう。

 

 

 

 

 

わたし、試練はごほうびだと思っているんです。

苦難は経験したくないかもしれないけど、

じゃあ、まったく経験しないで50歳になったひとと、

経験して50歳になったひととだったら、

おもしろい話がちゃんとできるのはやっぱり…

 

宮沢りえさんが「試練という栄養。」の中で(ほぼ日手帳2016より)

 

 

 

 

 

 自分の失敗を「試練」と捉えるのかどうかは問題ですが、今回思いついたのが上記の「ほぼ日手帳2016」に載っていた言葉でした。

 

 

 

自分の失敗の話は良いものです。他の人に話せばウケる。そして誰も傷つけない。人生に厚みを持たせてくれます。

 

 

 

 

 

 

失敗を「楽しそうに」人に話すことのメリット

 

 

 

 

①     人のためになる

 

失敗には重要な情報が含まれています。聞いた人は次に活かすことで同じ失敗を繰り返すことを防ぐことができます。公共の知識にするということにより、人のためになる~利他性により話した本人も幸せにします。

 

 

 

②     人を笑顔にする。

 

テレビ番組の「すべらない話」では失敗が面白おかしく話されています。とても楽しそうに話されるのですが、その場にいた本人はその時は冷や汗が背中に流れるような気分だったこともあると思います。大変な失敗を「おいしい」と捉えることで、話す本人の意識も軽くなり、聞いているこちらも楽しい気分になります。

 

 

 

③     失敗してしまった自分の気持ちを軽くすることができる。

 

自分で大変だと思っている失敗も、他の人にしてみたらなんてことはないということはよくある事です。また、アドラー心理学の「人はそんなにお前のことをみていないよ」ということも気づかされます。

 

 

 

④     自分の勉強になる。

 

「私は、今までに、1度も失敗したことがない。電球が光らないという発見を、今までに2万回したのだ」というエジソンの有名な言葉があります。失敗をマイナスイメージで捉えるから落ち込んで動けなくなったりするのです。

 

フレーミングという言葉があります。「コップに水がもう半分しかないのか、まだ半分あるのか」というアレです。意味を変えるためにその人が持っている枠組みを変えること。失敗ではなく、「学び」に考えを変えるのです。人に話すことで自分自身も学ぶことができます。すべての失敗は学びの機会になります。

 

 

 

 

 

 

ただ、気を付けなければならないのは、気にしていないふりをして、「自分って駄目なんだよね~(笑)」といいながらメチャメチャ気にしているという状態です。自分自身もごまかしているし、聞いている相手はどうしていいのかわからず半笑いです。自分自身も実践したことがあるので、胸が苦しくなります。

 

 

 

 

しかしながら、「ほぼ日手帳」は良いものです。仕事のスケジュール管理に良し、書いてよし。下の欄の一言で時間をつぶすもよし。買い続けてもう10年にもなります。

 

 

 

失敗は財産!失敗学とアドラー心理学

f:id:ohashikun:20170619220258j:plain

失敗しました。

 

研修会を開いたのですが、計画の時間が1時間長く設定されており、もちろん1時間を残して講師の話は終了。空白の時間、背中から冷や汗がダラリ…

 

なぜ人は失敗してしまうのか。考えるのにふさわしい本を本棚から選んで持ってきました。

 

失敗学のすすめ 畑村洋太郎 講談社

 

 世界の三大失敗をご存知だろうか。タコマ橋の崩壊、コメット飛行機の墜落、リバティー船の沈没…。これらは人類に新たな課題を与え、それと向き合うことで我々はさらなる技術向上の機会を得た。一方日本では、JCO臨界事故、三菱自動車リコール隠し雪印の品質管理の怠慢など、失敗の隠匿がさらなる悲劇を引き起こした。

   本書によると、失敗は、未知との遭遇による「良い失敗」と、人間の怠慢による「悪い失敗」の2種類に分けられる。不可避である「良い失敗」から物事の新しい側面を発見し、仮想失敗体験をすることで「悪い失敗」を最小限に抑えることが重要である、と筆者は説いている。

   また、過去の豊富な例から学ぶことで失敗の本質を多角的に検証する方法や、時間がたつと形骸化してしまう失敗例を効果的に伝承する方法についても言及している。さらに、マニュアル化した対応方法では前例のない事態が生じたときに対応できなくなるとして、とっさの判断力や創造力を養う失敗経験を教育に取り入れることを提唱する。(Amazon 商品紹介より)

 

3.11よりも前に書かれた本ですが、海岸線より離れたところにある石碑に「ここより海側に家を建ててはいけない」という先人の教えのくだりなどはなにか予言めいたものを感じ、考えさせられるものでありました。

 

失敗から学ぼう!

 

失敗を「もうだめだ、どうすればいいんだ…」と考えるのか、「今度はこうしよう!」と考えるのはその人次第です。アドラー心理学アドラーは家に例えています。同じ材料で家を造っても造る人によって家は変わる。人生もそれと同じで『使い方次第』なのだと。

 

人生で起こることは変えることができません。大切なのはその経験から何を学ぶかだと思います。

 

 フィールドでプレイする誰もが必ず1度や2度、屈辱を味わわされるだろう。

打ちのめされたことがない選手は存在しない。

ただ、一流の選手はあらゆる努力を払い速やかに立ち上がろうとする。

並みの選手は少しばかり立ち上がるのが遅い。

そして、敗者はいつまでもグラウンドに横たわったままである。

 

ダレル・ロイヤル(テキサス大学コーチ)

 

大切なのは「今、ここ」立ち上がって前に進むべきです。

 

歴史をどうして学ばなければならないの、実生活ではなんの役にもたたないのにという意見がありますが、本当は先人の失敗を学び、活かす学問だと思います。大体成功者が教科書に載っていますが、成功した人はもちろんですが、「失敗した人」の生き方も魅力的です。そして、なにを失敗とするかはその人次第です。

 

生き残ることができるか 防災について

 

f:id:ohashikun:20170615233034j:plain

 

 

防災について考える機会があり、読み返してみました。

 

 

「東京防災」 東京都総務局総合防災部防災管理課

 

 

ネットですべて読むことができるので参考にしてください。

 

最近の情報では今後30年の間に首都直下型の地震が起こる確率80%。

 

 

それってそのうちにほぼ確実に来るってことです。

 

 

皆明日がくると思って生きています。明日の予定もあります。

それがもしかするとこの1分後にはすべて無くなってしまうかもしれない。

 

本当に恐ろしいことです。

 

悪い想像は、「幸せになる」には障害になります。

 

もっとも恐ろしいのは想像力だと「幸福論」のアランが言っています。

 

 

過去と未来は、私たちがそれを考えるときにしか存在しない。それらは考えであって事実ではない。わたしたちはみずからに多く苦しみを与えてその結果自分の悔恨や恐怖をつくりあげる。(アラン 幸福論 P169)

 

 

考えすぎて体や精神を壊してしまったら本末転倒です。

 

「最悪」の場面も想像しますが、あくまでも考えすぎないよう前向きに受け入れ、現実的に大地震への備えを進めていきたいと思います。

 

防災のアドバイザーの方の意見も取り入れ、あくまでも私個人がかみ砕いて出した答えなので、参考程度にしてください。

防災の一助になれば幸いです。

 

 

①まず生き残ろう!

津波でんでんこ」「命でんでんこ」東日本大震災で有名になりました。防災教訓として解釈すると「津波が来たら、取る物も取りあえず、肉親にも構わずに、各自てんでんばらばらに一人で高台へと逃げろ」「自分の命は自分で守れ」という意味になるそうです。

まずはなにより自分が生き残り、より多くの人を救わなければなりません。辛いことかもしれませんが、あなたには生き残る義務があるのです。

 

②食べるものを用意しよう

各家庭での備蓄について、前まで3日ということでしたが、現在では10日分の水と食料を確保するようになっています。

・水はペットボトルのものをスーパーなどで安い時に箱で買いだめしましょう。2年は持つとのことです。

・震災が起こったらまず、冷蔵庫⇒冷凍庫⇒乾物、缶詰の順に食べていきます。アルファ米などの数年備蓄できるものもありますが、いつもの米があれば大丈夫です。米はポリスチレンの袋に入れて鍋で煮るように30分。美味しく食べることができます。

・用意する缶詰は味がついていない水煮がベストです。味がついていると飽きてしまいます。

・ローリングストック法という普段食べている食品を少し多めに確保して、賞味期限の近いものから消費し、同時に新しいものを補充していく方法が有効です。

・調理をするためのカセットボンベのガスコンロ、予備のガスも用意しましょう。

 

③避難所にはいかない

アドバイザーの方に聞いて大変驚きました。家が傾いていたり、ガラスが割れて入れない等がないかぎり、避難所にはいかず、家にいた方が良いとのことです。避難所はあくまでも最終手段。自宅のプライバシーの守られた空間が一番良いとのこと。

避難所は混乱を避けるためもあり、開設するのに48時間はかかります。そして避難所はどうしても劣悪な環境になってしまう、利用するには覚悟が必要だとのことです。

 

④トイレットペーパーを買いだめしよう

これは私個人の意見です。太平洋側で地震が起きると、海側にあるペーパー工場は壊滅的な打撃を受けるので、トイレットペーパーの買いだめを推奨します。腐る物でもないので、家のデットスペースに貯めておくことをおススメします。

 

 

我々には幸せになる、また周りの人を幸せにする義務があります。大きな災害があってもしぶとく生き残り、周りの人達を救うことができる人間になりたいです。

がんばらなくてもいいんだよ!?がんばらない成長論

f:id:ohashikun:20170607235933j:plain

 

 

 

そろそろ自分の天井が見えてきたなと思う今日この頃。

 

ふと見たら机の上に転がっていた本。今回のお題はこれ!

 

がんばらない成長論  心屋仁之助  Gakken

 

 

心屋仁之助さんの本は「自己肯定感」の低い私にはとてもちょうどいい本なのです。

 

 

がんばらないってどういうこと?

 

 

 「成長する」というと、明確な目標を定めて、
一つひとつがんばって、努力を積み重ねて、
はじめて得られるものと考える方が多いと思います。

でも、僕がお話ししたい「成長」とは、そういうものではありません。
むしろ、正反対のものと言っていいと思います。

成長したい人は、努力も、目標も、向上心も、ぜんぶ捨てる。
かんばらないで、ダラダラーッとしてみてください。
「好きなことだけ」していればいいんです。
楽して、サボって、みんなに甘えてみましょう。

信じられない?
そんなはずない?
そう思われる方のために、本書では「がんばらないミッション」をご提案します。

1・気の乗らないことはしない
2・仕事を人に任せて、遊びに行く
3・「私、すごいんです」と、周りに宣言する

この3つをコンプリートすると……
思いもよらない“ものすごい成長"がやってくるんです! ! !

――テレビで話題の超人気カウンセラー・心屋仁之助が贈る、
これからの時代の、まったく新しい「捨てる成長論」! (Amazon作品紹介より引用)

 

 

確かに個人の能力には限界があり、他の人の力を借りた方が効率的で、1人で行った時よりも大きな結果を残すことができます。

鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの墓石に刻まれた有名な言葉があります。

 

「己より優れた者を周りに集めた者、ここに眠る」

 

 

そうか!自分は優秀じゃなくていいんだ!みんなに頼ればいいんだ!

気分が楽になった!がんばらないぞ!!

 

 

…とはならないんです。自己肯定感の低い人は、

 

 

「こんなに人に任せていていいのだろうか。能力的に劣っているのではないか。後ろ指をさされているのではないか。」

 

等々考えてしまいます。

 

 

実際、能力的に劣っているのではという不安感と、後ろ指をさされているという不信感で仕事を自分1人で抱え込み、チームを機能不全にしてしまったという経験をしたことがあります。

 

自分はまだその失敗の脱力感から抜け出せていません。

 

ただ、仕事をするときに、周りの人に内容を相談しながら行うと上手くいくことが最近になってやっとわかってきました。肩肘張って1人で頑張らなければ!という方法よりミスが少なくすることが出来ます。また、相談される方も人に頼られるということは嬉しいことなので大概は優しく教えてくれたり、付き合ってくれます。まさにWinWinの関係。

 

本を読んでいるだけでもダメ、自分の経験だけで物を語るのもダメです。車の両輪のごとくに使っていくと上手くいくのだというのが、本と実際に働いてみて得た教訓です。

 

そして本に書かれた考えを活かすにも時間がかかる。アドラー心理学がその考えを会得するのに人生の半分がかかるというのと同じくとにかく時間がかかります。

 

あとは、余計なことを考えなくするために絶えず動き続けるしかありません。