読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本で人は幸せになれるか

本を読むことで人は幸せになれるのか。本の中から人生をどのように生きていくかを学びます。

人間関係改善のバイブル 「人を動かす」①

f:id:ohashikun:20170313225421j:plain

仕事をしているからには、組織の中で生きなければならず、多かれ少なかれ人間関係で壁に当たってしまうことがあります。

 

そんな時、必ず読んでおきたい名著。真打登場!

 

・D・カーネギー 人を動かす


   あらゆる自己啓発本の原点とも言うべき本書は、1937年に初版が発行されると瞬く間にベストセラーとなり、累計で1,500万部を売り上げた。『How to Win Friends and Influence People』は初版の発売当時と同じように今日でも十分通用する内容となっているが、その理由は、著者のデール・カーネギーが決して変わり得ない人間の本質を理解していたからに他ならない。著者の信ずるところによれば、経済的成功の15パーセントは専門的知識から生み出されるが、残りの85パーセントは「考えを表現する能力、リーダーシップをとる能力、そして人々の熱意を引き出す能力」によるものとなる。人と接する際の基本的な原則を基に、自分が重要視され、評価されていると相手に感じさせるようなスキルを教示する。また、操られていると相手に感じさせないようにしながらつき合う基本的な手法にも重点を置いている。カーネギーは、誰かに自分が望むことをさせるには、状況を一度自分以外の視点に立って観察し、「他人の中に強い欲望を喚起させる」ことで可能になると述べる。更に本書を通じて、相手に好かれる方法、自分の考え方に相手を引き込む方法、相手の感情を害することなく、あるいは恨みを買うことなくその人の考え方を変える方法を学ぶことができる。例えば、「他人にその考えが自分のものだと感じさせる」方法、そして「まず自分の失敗について語ってから他人を批判する」方法などである。また、歴史上の人物、産業界のリーダー、そして市井の人々の逸話を交えながら、著者の論点が分かりやすく解説されている。(Joan Price, Amazon.com

 

□人を操縦するための3つの基本原則

①相手を攻撃して従わせようとしてはならない。

②「重要な気持ちでいたい」気持ちを満たしてやる。

③強い欲求を起こさせ、それを満たす方法を教える。

 

①相手を攻撃して従わせようとしてはならない。

まったくその通りです。攻撃していいことなんて一つもありません。反省。

 

②「重要な気持ちでいたい」気持ちを満たしてやる。

これもその通りです。ニガテな人物に行っていますが、結果物事がスムーズに進むようになりました。

 

③強い欲求を起こさせ、それを満たす方法を教える。

これが難しい。相手の立場で考え、その人の「周囲より優れていたい」という根本的な欲求を刺激して行動を起こさせるということを実際の問題として活かしていくことが出来ません。

 

「人を動かす」を社会の中で実践していくと、なにか腹黒い人間になったような。太鼓持ち芸人になったような。

自分がニガテと思っている人はやっぱりニガテなんですよね。それが自分の中で改善するにはおそらく修行のようなものが必要なのではないかと思います。聖人にはなれない凡人の状態で、ニガテな人と無理に笑顔で話しているキモチワルさ。相手におもねっているような、面の皮が厚くなったような。

 

そもそも、相手が変わらないのに自分が変わらなければならないなんて、なにか負けた気分です。

 

しかし、人間関係が改善したことは事実です。物事の進め方も上手くいっています。これにアドラー心理学の他人の課題と自分の課題は別という「課題の分離」の考えを取り入れれば、人間関係の問題はかなり楽になると思います。

 

人を動かすということは、自分自身を変えていくこと。

人に合わせすぎて自分自身を見失わない程度に実践し、これからもカーネギーを研究していきたいと思います。

 

 

 

運命に挑め!一生お金に困らない生き方

f:id:ohashikun:20170225221940j:plain

 

一応、人並みにはお給料をもらっていますが、「将来」が来てしまった今、このままでいいのかと不安になっています。

 

本屋の雑誌のコーナーに行くと、FXとかアフリエイト収入のことなど、副収入についての特集が組まれています。

 

私も出来る範囲で、お小遣いが稼げないかと試してみました。

 

レッツ副収入!

 

1、イラストで稼ぐ

【難易度】★★★★☆

【方法】雑誌の広告のイラスト募集コーナーに投稿し、グッズを稼ぐ。

【期間】1年ほど

【戦果】スケッチブック2冊、加湿器(3,000円相当)

【感想】手間がかかりすぎるので割に合わない。イラストが手元に残らないのも✖。

 

2、懸賞で稼ぐ。

【難易度】★★☆☆☆

【方法】懸賞の雑誌を買ってきて、片端から送ってくる。

【期間】半年ほど。たまにまだ送っている。

【戦果】丸美屋のふりかけセット、温泉チケット、遊園地のチケット

【感想】はがき代と手間が大変。割に合わない。なすびの懸賞生活では400万円分のはがきを送って100万円分当たったと知り、悲しい気分になる。

 

3、せどりで稼ぐ

【難易度】★★★★☆

【方法】玩具専門のせどりを行う。

【期間】構想だけ。そもそも行っていない。

【戦果】なし

【感想】ネット通販の値段が安定している。雑誌でせどり特集が組まれていることもあり、手を付ける人が急増したのではないかと思われる。今の時代、本で特集が組まれる情報はすでに遅い。

 

4、アフリエイトで稼ぐ(いまここ)

【難易度】★★★★★

【方法】自分のブログを作り、アフリエイトで稼ぐ。

【期間】今年の2月1日から現在

【戦果】現在のトータルアクセス数233。過疎地。

【感想】「かんたんアフリエイト」 簡単?そもそもお金のにおいが全くしない。

月に3000アクセスあったらアフリエイトしよう。あれ?いつになるのか。

 

まあ、こんなもんです。

 

引き寄せの法則」も現実的になにも寄ってこないのですが、こんな本もあります。

 

・一生お金に困らない生き方 心屋仁之助

内容紹介
●お金に対する思いって、なんかヤらしい。がめつい。品がない……。でも、ほしい。でも、あんまりほしがってるって知られたくない。でも、どうすればちゃんと「必要なお金が入ってくる人」になれるでしょうか?

●本書は、19年間会社員をやってきて、今はカウンセラーとして、自由と豊かさを得た著者がはじめて書いたお金の本。以前はお金に苦労したこともある著者が、ひょんなことから見つけた、「お金に困らなくなる方法」について書かれています。

●損をすれば、豊かさが返ってくる。お金も空気も愛情も、出せば回る。これが宇宙の法則です。お金をちゃんと使って、世の中にめぐらせる。自分が好きなものに使って、自分を喜ばせる。お金をケチらない。お金の流れを止めない…。気づいたら、頑張ってないのにお金がいっぱい入って、困らない人になっていた。そんな人になれるはずです。

 

結論から言うと、とても勉強になりました。心持ち一つで、自分の世界を変えるという意見には同意します。

 

しかしながら、まったく一生お金に困らない生き方にならないです。

 

なぜか。お金が無いことを自分自身が現実として知ってしまっているので、「ある」と心に信じ込ませるというこの本でいう「お金持ちごっこ」ができないということです。

 

もし行ったら次に入ってくるであろうお金を待つ間もなく破産してしまいます。

 

うーん、このような本にしろ、「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」にしろ、作者は成功しているんですよね。本を買っている我々はその成功の「養分」にされている感も否めません。

 

 

 

 

 

本でおしゃれになって幸せ。おしゃれの教科書

f:id:ohashikun:20170306231202j:plain

なんで高校生の時に出合っていなかったのか!大変悔やまれる本。

 

・最速でおしゃれに見せる方法 МB

・服を着るならこんなふうに 1巻から4巻 縞野やえ МB

 

本で幸せになれるか。

「幸せになった」一番わかりやすい例かもしれません。

 

 

高校生の時は、黒い服がおしゃれだと思っていました。

大学生の時は、トレーナーしか着てませんでした。

社会人になってからも柄に柄を合わせて着ていました。

 

しにたい。

 

 

服の着方の基本を誰も教えてくれないのです。教科書にも載っていない。

雑誌とかに載っている服も奇をてらっているものや、外国人が着ているからカッコいいんでしょというものばかり。

 

雑誌を買って勉強したこともありましたよ。しかし、間違ったEXILEのような「オラオラ系」になってしまうだけでした。

 

そんな中であったのが、МBさんの本。

 

勉強して、揃えたが、

・黒スキニーパンツ(ユニクロで3,000円)

クラッチバッグAmazonで2,000円)

・ダニエルウェリントンの時計(Amazonで10,000円)

・白シャツ(ユニクロで3,000円)

 

結構お手頃価格でおしゃれができる!

 

生まれて初めて女の子にセンスがいいと褒められました。

 

ありがとう…ありがとう…(泣)

 

欲しかったのは、広告としてのファッション誌ではなく、ファッションの基本を教えてくれる教科書だったのですね。

 

まさに、この本は福音を与えてくれました。

 

ファッション楽しー!!

 

 

 

しかし、

 

勉強してから、街に黒スキニーと黒いスリッポンが溢れていることに気が付く。

 

 

ダダ被りじゃん!

 

 

まあいいけど。

本でお金の問題は解消するのか?お金の話。

f:id:ohashikun:20170304102220j:plain

本でお金の悩みは解消するのでしょうか?

 

後輩から「このままの収入で大丈夫なのでしょうか?」と質問を受けてから、自分なりに本を読み、考えてみました。

 

いまの収入で余裕もあまりないのに、老後とかあるのかしら。

 

テレビでも、本でも年金破たん、老後の問題、若者の○○離れで物が売れなくて…等煽りますよね。それは不安にもなりますよ。

 

自己啓発」で一人だけで大金持ちになったとしても、社会全体が沈んでしまっていたらまったく意味はありません。サービスは低下するし、治安は悪化している。そんな世界でお金だけ抱えて生きるのは楽しくないはずです。

 

少ししかかじっていませんが、現時点での結論としては

 

  • 今、楽しいことをした方がいい。
  • 安いものより、欲しいものを買った方がいい。
  • お金を貯めるより、人間関係に使った方がいい。
  • 自分自身に投資した方が、見返りは大きい。
  • 我々に老後はない。働き続ける。そのために健康でなくてはならない。
  • 社会保障はあるので、なんとかなる。

 

といったところでしょうか。投資とかはよくわかりませんでした。

 

 

アドラー心理学にも通じる「大切なのは今、ここ!」ということでしょうか。未来と言ってもこの瞬間の連続体でしかありません。この瞬間を精一杯生きること、共同体のために力を尽くすこと。結果は…まあ、なんとかついてくるということで。

 

 

参考文献

・年収300万~700万 普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話 佐藤治彦

・マンガでわかる!お金の基本 人生を変える8つの授業 出口治明

 

自己啓発本は毒か?「自己啓発病」社会

f:id:ohashikun:20170223222141j:plain

・「スキルアップ」という病に冒される日本人「自己啓発病」社会 宮崎学

 

嫌われる勇気、人を動かす、7つの習慣、夢をかなえるゾウ等々自己啓発本が大好きな自分のバランスを取るために読んだ本が「「自己啓発病」社会」です。

 

 「失われた20年」と軌を一にするように、日本人の間で自己啓発ブームが巻き起こった。合言葉は「セルフヘルプ」、「スキルアップ」、「夢をかなえる」…。このブームを支えたのが『自助論』という翻訳書だ。彼ら自己啓発に励む日本人は、同書をバイブルとして崇め立てた。だが、そのバイブルは、じつは抄訳であり、原著(完全訳)の持つ精神を損ない、たんなる成功のためのハウツー集になっていることに気づく人は少ない。日本人は、いわば「ゆがめられた自助」を盲信してきたのだ。自己啓発ブームの結果、格差は拡大し、「あきらめ感」が蔓延した。現代日本の社会病理を徹底的に解剖する。 (「BOOK」データーベースより)

 

バブルのころまでは、日本の企業は終身雇用制を持つ共同体であり、企業間にも談合性など、相互扶助的な共同体がありました。

しかし、これらを否定したのが、小泉内閣。以来「自助」や「自己責任」という考えが支配的になり、福祉政策が縮小され、協同組合や各種の相互扶助システムが解体され、個人は切り離され無力になり、私は自己啓発本を読むことに熱心になっているのでした⇐今ここ

 

かなり耳も痛い内容です。

現在のテレビで溢れている「日本人はすごい!日本人万歳!」といった内容の番組も国民の無力感とバラバラになってしまった共同体感を繋ぎとめるために作られているような気がしています。

 

自己啓発本で現状の厳しさから目をそらし、自分は本当は成功すべき人間なのだと自分を慰めている感覚。まさに「病」ですね。

 

個人的な意見としては、これからの数十年はこのまま働き続けても、明らかに現在の国民の大半は現在の生活を維持することはできないことは明白なので、最終的に作者が言うように「相互扶助」の社会になっていくものと思われるのですが…

 

その時、我々は自分の弱さを認めて、心を開いて、助け合うことが出来るのでしょうか。

 

 

あ、自分は「引き寄せの法則」をあきらめていません。

 

宇宙に向かって「86(自動車)」がありまーーーーす!!

 

 

 

 

 

 

どっちが幸せになるの?「自助論」vsホリエモン

f:id:ohashikun:20170227211136j:plain

 スマイルズが「自助論」で言っていることと、堀江貴文さんの主張を比べてみて、「幸せ」になれる方法を探っていきます。

 

堀江貴文さんの主張は一貫しています。「好きなことで生きていくこと」です。

 

本当に大切なのは、好きなことで生きていくことだ。好きなことをしていれば、人は幸せでいられる。私の知っている好きなこと/楽しめることに邁進している人も、皆一様に幸せそうな生活を過ごしている。

夢を叶えられる人間は一握りだと、挑戦することを最初から諦めてしまってはいけない。現代は技術革新により旧態依然の成功とは違うカタチの成功が誕生し、それに伴い新しい働き方が増え続けてきている。

堀江貴文 堀江貴文という生き方)

 

堀江貴文さんには影響を受けました。なによりこのブログに挑戦しようと思ったのも、「ネットを利用しての成功」というモデルを試したかったからですから。成功するのかはわかりませんが…

同じ仕事に15年以上噛り付いている身としては、堀江さんの「ひとつの仕事にこだわって、何年も続けることの意味が、まったくわからない」という意見が身に沁みます。こちらとしてもなんで続けているのかよくわからない。

 

 

自助論での人生の成功は、仕事で汗をかいて「人格者になること」です。

 

真の人格者は、人一倍の誠実さを身につけている。というのも、誠実こそが人生の栄冠であり、世の中における正義もそこから生まれるということを、はっきり理解しているからだ。チェスタフィールドは「君子の成功は誠実さによって築かれる」とまで断言している。(自助論 p287)

 

人格がどれだけ大切かは、私のような人間でも日々の生活からも実感します。会議などでは「なにを言ったのか」より「誰が言ったのか」がとても重要です。人格が伴っていないと「自分が出来ていないのに偉そうに…」と思われるのがオチです。

 

「自助論」は目次だけでも意識が高い!エクスクラメーションマークの乱立です。

 

1章 人生は自分の手でしか開けない!

2章 雨霜に打たれてこそ若芽は強く伸びる!

3章 人生の転機を見抜く才覚、生かす才覚

4章 向上意欲の前にカベはない!

5章 自分の使命に燃えて生きる!

6章 「実務能力」のない者に成功者なし

7章 楽をするには汗をかけ!

8章 最高の知的素養は一日の仕事から生まれる

9章 人生の師・人生の友・人生の書

10章 人格は一生通用する唯一の宝だ!

 

中堅職員のリーダー研修とかで暗唱されてそうな文言の数々。

 

「自助論」は意識は高いのですが、そもそもスマイルズさんが読んでほしい層は読んでいる暇もなく、一生懸命働いています。死ぬ思いをして働いているフランチャイズチェーンのコンビニオーナーが仕事の合間に読んで士気を高めているとは思えません。自分のような「自称意識高い系」が読んで納得して終わるという矛盾を生んでいます。

 

「自助論」とホリエモン、どちらが幸せになる思想なのでしょうか。

 

堀江さんは、一般に言われているほどお金に固執している(?)訳ではなく、知れば知るほどストイックな生き方をしています。「好きなことをしろ」と言ってはいますが、中途半端なものではなく、「遊びつくせ」と言っています。これはやろうとすると難しいことで、家族を持っているとなかなか実現は遠いです。堀江さんにしてみたら「言い訳」に過ぎないのかもしれませんが。

 

自助論も書かれてから150年、ロボットが単純な作業を行ってくれるこの時代に、ただ愚直に仕事を一生懸命行っても道が開ける訳ではないのでないか等、時代にそぐわないところもあると思っています。

 

自分としての現在の結論は、自分への投資が幸せに繋がるのでないかということです。お金に固執することではなく、人との付き合いを大切にする。好きな場所に出かける。好きな本を「買って」読む。

 

堀江さんの好きなことをするということと、自助論の自己研鑽。

 

どちらが正しいという訳ではなく、良いところを生活に活かしていければと思っています。

 

 

 

 

自分は自分自身の努力で助けろ!「自助論」

f:id:ohashikun:20170225221959j:plain

スマイルズの世界的名著 自助論 S.スマイルズ著 竹内均

 

人生最高の目的は、人格を強く鍛え上げ、可能な限り心身を発展向上させていくことである。これこそ唯一の目標であり、それ以外のものはこのための手段に過ぎない、最高の快楽や富、権力、地位、名誉や名声を得たとしても、それは人生における最大の成功ではない。むしろ、最高の人間性を獲得し、他人の役に立つ仕事に打ち込み、人間としての義務を果たしていくことこそ、いちばん立派な生き方なのだ。(本文194p)

 

意識高い!!

 

恥ずかしながら、最近まで「自助論」について知りませんでした。読むと自己啓発本極まれりといった感じで、この一冊読んでおけば他の自己啓発本は読まなくてもいいのではないかと思うほどでした。

本書では、自分で自分を助けようとする精神をもって骨身を惜しまず学び働くことが、夢を叶えるために最も必要だと説いています。

 

宇宙に向かって「年収が3000万になりました!」と引き寄せを行っている自分が恥ずかしくなってきます。

 

社会的な問題を「自己責任」と捉える今の時代に合っているといえばそうなのですが、自分なりに考えてみました。

 

書かれてから150年の本書は今の時代にそぐわないのではないかと

 

  • コンピューター、インターネットの発達
  • 人口減、経済の低迷
  • 人間の情報処理能力の限界
  • 情報弱者の誕生

 

【コンピューター、インターネットの発達】

現代では、コンピューターが発達し、単純作業はすべて機械が行ってくれる世界がすぐそこまで来ています。また、インターネットの発達で世の中は凄まじい勢いで変化しています。一つのことに打ち込むことは良いことですが、堀江貴文が寿司屋の修行のことを酷評した一件がありましたが、一つのことを何年も修行することの意味は薄れています。

 

【人口減、経済の低迷】

後輩の男の子に「このままの給料でこれからやっていけるのでしょうか」と相談を受けて答えに窮したことがありました。皆真面目に努力しています。必死になって働いています。しかし、給料は上がりません。未来に希望が持てません。超高齢化社会、経済の低迷、これから来るであろう天災。個人の努力だけでなんとかなる社会では無くなっているのではという実感があります。「絶えまぬ努力のおかげであなたの人間性が上がっているよ」といったところで、おなかはいっぱいになりません。

 

【人間の情報処理能力の限界】

江戸時代に比べると現代の人間は何千倍だか何万倍の情報を処理しているということです。大量の情報の中で、やりたいことを自由に選べるということは良いことですが、人間の処理能力の限界を超えているのではないでしょうか。

また、150年前と違って情報が多すぎることで「自分はなにものであるか」と規定することが難しくなっていると感じています。

 

情報弱者の誕生】

本書では貧乏からのし上がった人たちの事例が多く書かれていますが、現代では、お金だけの問題ではなく、お金が無いことで情報を取れなくなってしまう「情報弱者」を生み出します。インターネットなどに繋がれない人は情報を取ることが難しくなり、努力だけでは成功できにくい世の中になっています。

 

 

確かに最終的に人間の魅力は「人格」だと思っていますので、読んでおくべき本ではあると思います。

読んだ後に万能感が湧いてきます。

 

どんな仕事でも、有能な人間になるには次の3つが欠かせない。それは天性と勉強、行動力だ」という格言があるが、ビジネスの世界では、頭を使い、情熱をもって実践していくことが成功の秘訣だ。どんなにありきたりでつまらないと思われることでも、決められた仕事をきちんとこなしていけば、残りの人生はその分だけいっそう素晴らしいものになる。

サミュエル・スマイルズ 

 

…ホントかな。

 

努力している人が救われる世の中になることを切に願います

f:id:ohashikun:20170225221936j:plain